ひとつずつ述べる。
2月8日(日曜日)@六本木SuperDeluxe
名前はまだなゐブッキングイベント2009
「鬼はそうとううち(私)が好き」
http://blog.livedoor.jp/oni_uchi/
open 15:30/start 16:00 charge \2,300 (+1drink)
えきちゃらが 《ダミ声アンサンブル》(from東京)
FUKAIPRODUCE羽衣《妙ージカル》(form東京)
シゼンカイノオキテ
SYS《Poly Axis Extremes POP(多軸両極端POP)》(from 沖縄)
わたなべゆう《アコースティックギターのインスト》(from 大阪)
名乃勝之(ROPEMAN(30))《東京出張》(from 大阪)
FRATENN 《おもちゃの妖精ギブス》(from 山口)
名前はまだなゐ 《奇天烈朗読POP》(from ・・・)
この日は非常に濃かった。
ジャンルの混ざり具合もさながら、その個性でぐっと来ました。
前日夜中からLainy J Grooveのグルーブ隊を引き連れ上京。
六本木のセレブ感とビル風もめいっぱい受けました。
杉田君とはいつの間にやら非常に長いお付き合いになっていて、
その杉田君が大阪でも京都でもない東京で企画をやる・・・
そんな場面で呼んでもらって本当にうれしかったです。
名前はまだなゐの映像を絡めた形の完成度に驚きっぱなしでした。
持ち前のテンポのよさと複線もさながら、さらに立体的に受け取れるというか・・・。背筋が伸びる想いでした。
杉田君、本当にお疲れ様。このイベント是非続けていってほしいです。
楽しかったです。
蛇足ですが、2月はジャズコに非常にはまっていた時期でして、
この日もジャズコを持って会場入り。
会場にフェンダーのベースマンとかあったし今となれば
使っておけばよかった感でいっぱいです。
この日はシゼンカイ的には演奏以外を丁寧にやりすぎたかなと。
スーパーデラックスの音の返りがアバンギルドっぽくて
むほむほしました。
打ち上げも滾る中華でとにかく店員の愛想のなさと餃子の辛さが
一週回って愛想でまくりでした。
2月17日(火曜日)@吉祥寺PlanetK
「diet to KILL~美味しさの秘訣は高カロリー~」
open 18:30/start 19:00 adv \2,000/door \2,300 (+1drink)
ジャカランタン(from大阪)
ドブロク(from東京)
シゼンカイノオキテ
N.E.S(from仙台)
六畳人間(from東京)
なんと2月2回目の東京遠征。ジャカ宮さんの車でGOGO!
会場着いて知ったんですが、この日ジャカの企画だったんですね。
恐るべしシレっと企画ジャカランタン。
なんと一番手に出場でさらに恐るべし。
名曲やり倒してくれて最高でした。
あ、この曲好きー、この曲歌えるー、みたいな!
つんのめったライブでかっこよかったです。
N.E.Sはさりげなく対バン三回目なんですが、豪快でストレートかと思いきや凝ってる部分が見つけやすくて良いです。
機材が全部並ぶと要塞みたいで凄いのもポイント高いです。
六畳人間はもはやセブンセンシズでした。やられました。
皆さんにお勧めしたい。
新曲もすてきでした。
音源、ありがとうございました。ツイステッド!
ドブロクはかなり前にネガポジで見たきりなんですが、
なんとも歌の味わいがあってすげぇなぁ、と、またもや感動。
深かったです。また対バンしたいです。ま、じ、で!
この日のシゼンカイはというとトータルで安定して新曲も
ぶつけたかという気がしました。もうちょっとバーストポイントがあったかも。
蛇足ですがこの時期も私ジャズコーラスにはまっておりまして、
やっぱり普段できんぐらい、マーシャルでやんちゃしとけばよかった、
とか少し後で思いました。
飲みすぎて記憶移ろいながら志村さん実家で猫を撫で就寝。
起きて豪勢な朝飯に感動。
結果的に韓流スターに詳しくなって帰京しました。
はしょりすぎましたが、おおまかにはこんな感じでした。
3月5日(木曜日)@京都神宮丸太町clubMETRO
「ジェネレーションXXX」
open 18:00/start 18:30 adv \1,500/door \1,800 (+1drink)
She Border Picture(from大阪)
カッパマイナス(from大阪)
シゼンカイノオキテ
CUSTOM NOISE
エルマーズ
久しぶりにメトロでした。なんつーかリハの時から思ったんですが、
音の張り方がパッツパッツで非常にバンド楽しい!でした。
エルマーズは依然見たときよりも全体がグーッとうまくなってました。
ベースの喰らいつく感じが良い。歌も好きでした。
なんか感動するポイントが随所にあって緊張しました。
久々のカスタムは印象が変わっててびっくり。ギター2本がこれでもかというくらいスリリングでした。
下手ギターの方のMCも非常にスリリングでした。
パッと聴いてとっちらかってるかな、という部分でも
うまく歌で筋を通してくるあたり、さすが!でした。
She Border Pictureはモロに好みでした。
かっこいい。また見に行こう。
ブワーッとしたギターが好きな方、ぜひ。
カッパマイナスはいつ見ても期待を裏切る(良い意味で)爆発力で
この日も突き進んでました。
かなりセブンセンシズでした。10年後も対バンしたい。
この日のシゼンカイはここ最近でもかなりバランスよい目だったかなと。しらふの癖に曲展開間違えたりしたのは本当に悲しかったです。
やはり野田君のマーシャルは良い音します。最高です。
と、まぁ、駆け足で振り返ってみました。
スロースタートな2009年でしたが先月あたりから徐々に加速がついてきた気がします。
面白いライブ続々決まってますので、よろしくお願いします。
次の日記で満を持して告知します。